司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

遺産分割事件に関する司法統計を見る。

遺産分割事件にかかわる平成30年度の司法統計から。

 

1.終局区分別

総数13,040件

うち調停成立が6,683件

調停に代わる審判が2,806件。

これだけで約72%となります。

認容(審判がなされたもの)は895件(約7%)。

 

2.審理期間・期日回数

分母は終局事件。

(1)審理期間

6カ月以内に終了するのが、4,709件(約36%)

6カ月超~1年以内に終了するのが、4,403件(約34%)

1年超~2年以内に終了するのが、2,920件(約22%)

2年超が、1,008件(8%)。

(2)期日回数

0回が737件(約6%)

1~3回が5,080件(約39%)

4・5回が2,598件(約20%)

6~10回が3050件(約23%)

それ以上が、1575件(約12%)。

ちなみに21回以上という内訳があり、その件数、282件。

 

 

3.遺産の内容・価格別
分母は、認容・調停成立件数(7,507件)。

(1)遺産の価額

1000万円以下が2,476件(約33%)

1000万円超5000万円以下が3,249件(約43%)

5000万円超1億円以下が832件(約11%)

1億円超が586件(約8%)
なお算定不能や不詳が364件。

(2)遺産の内容

「①土地」「②建物」「③現金等」「④動産その他」で区分されており、

多い順に、

①+②+③:2,463件

③のみ:1,203件

①+②:1,142件

①~④:874件

①:585件

となっています。

③のみも1,203件と多く、

あまり財産の種類は関係ないのかなと感じました。