司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

郵便貯金の消滅について

平成19年9月30日以前に、郵便貯金として預け入れをしている貯金については、一定期間の経過により、権利が消滅し、払い戻しを受けることができなくなる。

長期間ご利用のない貯金のお取り扱いについて−ゆうちょ銀行

 

【例】

定額郵便貯金の場合・・・満期後20年2か月を経過しても払戻しがなされない。

通常郵便貯金の場合・・・平成19年9月30日の時点で、最後のお取扱日から20年2か月を経過している場合(すでに消滅している!)。

 

権利消滅は、旧郵便貯金法29条による。

郵便貯金法が確認できなかった・・・)

郵政民営化後に預け入れられた貯金は、旧郵便貯金法の規定が適用されることはないので、29条により権利消滅することはない(通帳郵便貯金で「ゆうちょ銀行」に承継されたものも同じく。)。