司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

登記制度・土地所有権の在り方等に関する研究会(最終報告)その2

第2章 相続等による所有者不明土地の発生を予防するための仕組み

第1節 不動産登記情報の更新を図る方策

第1款 総説

相続による物権変動と対抗要件の関係について見直すことは難しいとされたが、真の権利者を登記に反映させることが重要であることに異論はなく、

これを実現するために、相続人に相続登記の申請について公法上の義務を課すなどの方策を別途検討すべき

また、被相続人の死亡により物権変動が生じ、登記をしなくてもこれを対抗することができるが、これを前提としつつも、公法上の義務を怠った場合のサンクションとして、相続人に何らかの不利益を課すことを検討すべき

 

第2款 不動産登記の申請義務化

第1 登記申請義務

・ 土地所有者の責務に登記申請義務の淵源を求める考え方
→登記申請義務の対象となる登記原因は、相続に限られない

・ 相続登記の特質に登記申請義務の根拠を求める考え方
対抗要件主義が働かず、数次相続により登記と実体の不一致が拡大する恐れなど。また所有者不明土地問題への政策的対応として。) 
→相続以外の登記原因に義務化を拡大することには慎重。

・ 対象とする権利は、所有権のみとするべき

・ 現時点で、登記申請義務を履行すべき期間を具体的に設定することは困難
相続放棄にあわせることは相当でない。また相続放棄のような主観的要件を不要とすると、知らない相続人に義務が生じる不都合がある一方、主観的要件を必要とすると共同相続人ごとに期間の計算が異なることになる。

・ 氏名等についての変更の登記申請の義務化
(義務を課すのであれば、手続き負担を軽減するべきであり、また一方で、DV被害者等の住所を秘匿する正当な理由のある者に対する保護も検討されるべき。職権により変更登記をすることを可能にするにしても、その前提として登記名義人に申請義務を課しておくのが望ましいとの指摘もあった。)

第2 義務化の実効性を確保するための手段

・ インセンティブの付与
(負担軽減:戸籍謄本等を添付することなく法定相続分による相続による所有権移転登記を可能にする!)
(登録免許税の減免)

・ 過料による制裁
(登記申請義務を怠っていることをどのように捕捉するのかが課題であり、登記が申請されたときにはじめて登記申請義務違反が捕捉され、過料の制裁を受けるのであれば、かえって申請を控える事態を招く。)

・ 不利益な取扱いを許容する
(たとえば、法令の規定により不動産の所有者に対して通知等が必要な場合であっても、当該不動産の所有権の登記名義人の住所に宛てて通知等を発すれば足りるとする、など。この点については、対抗力とは別の効力を登記に与えるという実質を有しており、また本来の権利者に対する不利益の程度に応じて、手続保障を図る必要がある。)
(参照:民法383条、仮登記担保法5条3項)

・ 費用負担をさせる
(探索に要した費用等を賠償する責任を負うこととする。

 

 

参照

仮登記担保契約に関する法律(昭和五十三年法律第七十八号)
第五条 
第二条第一項の規定による通知が債務者等に到達した時において、担保仮登記後に登記(仮登記を含む。)がされている先取特権、質権若しくは抵当権を有する者又は後順位の担保仮登記の権利者があるときは、債権者は、遅滞なく、これらの者に対し、同項の規定による通知をした旨、その通知が債務者等に到達した日及び同条の規定により債務者等に通知した事項を通知しなければならない。
2 第二条第一項の規定による通知が債務者等に到達した時において、担保仮登記に基づく本登記につき登記上利害関係を有する第三者(前項の規定による通知を受けるべき者を除く。)があるときは、債権者は、遅滞なく、その第三者に対し、同条第一項の規定による通知をした旨及び同条の規定により債務者等に通知した債権等の額を通知しなければならない。
3 前二項の規定による通知は、通知を受ける者の登記簿上の住所又は事務所にあてて発すれば足りる。

 

 

筆者感想

「過料による制裁」については、まさしく「どのように相続発生を捕捉するか」が問題になってくるはず。「申請して初めて補足」では、登記懈怠を助長することに。。

そうなると申請前に相続発生の事実を捕捉する必要がある。

かりに市町から死亡情報の連携を受けるとして、その死亡情報の対象者と、所有権登記名義人とを照合するのは、相当に大変なはず。正確性はともかく、「住所+氏名」でヒットする人をピックアップしてチェックしていくか?

あるいは、所有権登記名義人に変動がない不動産を定期的にリストアップして、市町に逆に照会をかけるか。市町では、「住所+氏名」と「課税情報」によりチェックする?

いずれにせよ、なんだか、交通違反の取り締まりみたいですな。