司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

平成28事務年度における相続税の調査の状況(国税庁)

平成28事務年度における相続税の調査の状況について|報道発表資料(プレスリリース)目次|国税庁

 

「申告漏れ相続財産の金額の内訳は、現金・預貯金等1,070億円(平成27事務年度1,036億円)が最も多く、続いて有価証券535億円(平成27事務年度364億円)、土地383億円(平成27事務年度410億円)」

 

土地もこんなに漏れるのかぁという感じです。

 

実地調査1件当たりの申告漏れ課税額は2720万円。
追徴税額は591万円。
単純平均ではありますが、大きな金額と感じます。


「(付表4)無申告事案に係る調査事績」も興味深く、
実地調査1件当たりの申告漏れ課税額は8914万円。
追徴税額は708万円。