司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

払込みを証する書面としての預金通帳の写しの名義人について

平成29.3.17民商第41号通達

1.

設立時取締役名義の口座も、払込み先として認める。

この場合、発起人からの委任を必要とする。

2.

発起人及び設立時取締役の全員が日本国内に住所を有しない場合に限り、口座名義人は発起人及び設立時取締役以外の第三者であっても差し支えない。
この場合にも、発起人から当該第三者への委任を必要とする。

3.

上記1・2における発起人の委任は、発起人のうちの1人からの委任があれば足りる。

 

1は従来の実務の明文化と拡張(代表取締役でなくてもOK)。

2は第三者名義の口座への払込みについて限定的に認めたもの(外国資本の会社の設立要件緩和の一環)

3は、これまであまり意識してこなかったのですが、発起人からの委任をどのように受ければよいのかという点に言及。