司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

土地相続で約13億円の申告漏れ指摘

NHKニュースより

土地相続で約13億円の申告漏れ指摘 元市議会議長の遺族 | NHKニュース

 

相続財産である不動産の価格評価の問題。

 

ちらっと映る不動産登記簿から推測すると、

1.売買

2.売買解除(相続開始の2日前)

3.相続

という流れで登記されている模様。

 

売買を前提として、

あるいは売買されたものとして相続税評価をするのか、

路線価等により相続税評価をするのか、

2.の売買契約の解除が適正か否かが争点となるようです。

 

金額が大きいこと、

若干特殊なケース(売買の解除をともなう)であることから、

直接的には参考にならないケースではありますが、

相続税を計算する場面において、不動産評価って難しいんだなと、

あらためて感じたところです。