司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

師と士の違い

お客様に、お医者さんがいらっしゃいます。

そのなかで、「師」と「士」の話がでたので、

調べてみました。

 

医師・看護師・技師・教師

弁護士・公認会計士・税理士・消防士

(ちなみに司法書士

 

漢和辞典によると、

「師」の成り立ちは、

左側が、人が住む集落の意味。

右側は、音符(とくに意味はない?)。

全体としては、二千五百人からなる軍隊の意。

これがどういうわけか、

(1)人々を教え導く者

(2)特定の技芸を専門にする者

と派生していきます。

 

「士」の成り立ちは、

まさかりの刃の部分を下にして立てかけた形。

おとこ、成年男子の意味となります。

これがどういうわけか、

(1)さむらい、役人

(2)称号や職業に添えることば

となります。

 

なんとなくわかるような、わからないような。