読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

ついにきた民法(債権法)改正

やっと衆議院の法務委員会を通過しました。

閣法 第189回国会 63 民法の一部を改正する法律案

衆議院の「議案審議経過情報」より)

 

法律案がどのように国会で審議されるのかを追いかけるのは、

正直なところはじめてなのですが、

法案の成立が、いわゆる「政局」というものに、

どれほど左右されるのかヒシヒシと感じました。

 

TPPや安保法制の審議で、優先順位が低下する一方で、

今回は、(報道によれば)テロ等準備罪の審議の関係で、

逆に優先的に処理されるという状況。

【テロ等準備罪】審議日程めぐり自公物別れ 自民は早期主張、公明は別の法案優先 - 産経ニュース

 

優先順位の変化について、その当否はさておき、

政治的だなぁと感じた次第です。