司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

有限会社における取締役の辞任と代表取締役の資格

 1.前提

取締役2名。

任期の定めはない。

代表取締役は、定款にて「~取締役2名をおき、代表取締役は取締役の互選により定める。」とされている。

現在、取締役はAさん、Bさんの2名。代表取締役はBさんが登記されている。

 

 

2.Aさんの辞任

Aさんが辞任した。

Aさんの後任としてCさんを選任した。

では、ここで代表取締役の資格はどうなるのか?

 

 

3.昭和42年5月1日民事甲1012

残存取締役の代表取締役たる資格がそのまま維持されるので、取締役の辞任及び就任の登記のみを申請すればたりる。 

  先例上での定款規定は、「取締役2名おき、取締役の互選をもつて1名を代表取締役とする。」とされている。

 

 

4.雑感

結論としては、上記の通りです(神崎「特例有限会社の登記Q&A」P133参照。同趣旨か?)。

「資格はそのまま維持される」ということは、選定行為不要との結論です。

 

とはいえ、有限会社のため任期の制限がなく、AとBによる代表取締役の選定の効力が、取締役の構成が変更された後も、ずっと続くことになるのはどうなのだろうと、個人的には思います(任期10年の株式会社でも大差ないか。。。)。

ちなみに先例中では、別説として「辞任→代取抹消(資格喪失)→就任→代取就任(選定)」が挙げられているが、否定されています。

「辞任→(資格喪失)→就任→(選定)」として、代表取締役がかわらなければ登記不要というのはダメなのでしょうか(参照:ハンドブック第3版P389の注記)。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

司法書士法人 貝原事務所
(しほうしょしほうじん かいばらじむしょ)

本事務所  :静岡県沼津市宮町441番地22
若葉町事務所:静岡県沼津市若葉町17-28
事務所HP :http://www.office-kaibara.com/index.html


沼津・三島・富士をはじめとする静岡県東部が主な業務地域です。
出張での相談にも取り組んでおります。


まずはお気軽にご連絡ください。
弊所へのお問合せについては下記HPをご参照ください。
http://www.office-kaibara.com/contact-test-mail.html


担当司法書士:築地(つきじ)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★