読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

両親の一方と養子縁組した兄弟

以下は、注釈民法を確認したかったが、手元になかったため、確認できる範囲でまとめたもの。

 

事例

(なお、以下「兄弟」と表記するのは、「兄弟姉妹」の意味とする。)

Aさんには、両親BCと、兄弟DEFがいる。なお、Aさんには配偶者も子もいない。

平成28年4月、親Bが死亡した。

平成28年5月、Dの妻Gが、Cと養子縁組をした。

平成28年6月、親Cが死亡した。この時点で、Aさんの直系尊属はすべて死亡した。

平成28年7月、Aさんが死亡した。

では、Aさんの相続人および各相続人の法定相続分はどのようになるか。

 

検討

まず相続人の確定のため、次の条文を確認。

民法

第八百八十九条  次に掲げる者は、第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。

一  被相続人直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。

二  被相続人の兄弟姉妹 

第八百八十七条  被相続人の子は、相続人となる。

 

では「兄弟姉妹」とはどのように定義されるのか?

法律上の定義はないので、国語辞典から。

「同じ父母から生まれた子供たち同士の関係」

「同じ」となっているが、法律上は片方の親のみを同じくする兄弟が観念されている。

第九百条

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 

ここから、相続上は、異父兄弟や異母兄弟が観念される(半血の兄弟)。

また「同じ」であるとは、血縁上のつながりのみならず、法律上の親族関係も含まれるとされる。

第八百九条  

養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する。 

第七百二十七条  

養子と養親及びその血族との間においては、養子縁組の日から、血族間におけるのと同一の親族関係を生ずる。

 

 

というわけで、両親の一方のみと養子縁組したGは、Cの嫡出子であるがBの嫡出子ではないこととなり、Aから見て「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹」となる。

したがって、相続人はD・E・F・Gとなり、Gのみ半血の兄弟となるから、D・E・Fの相続分は「2/(2+2+2+1)」、Gの相続分は「1/(2+2+2+1)」。

参考:昭和32年06月27日民事甲1119 回答

 

 

 

類似事例

Aさんには、両親BCと、兄弟DEFがいる。なお、Aさんには配偶者も子もいない。

平成28年4月、AさんはGの養子となった。なお、Gには、HIの2人の子がいる。

平成28年7月、Aさんが死亡した。

では、Aさんの相続人および各相続人の法定相続分はどのようになるか。

 

根拠条文は前期事例と同じ。

Aさんにとっての兄弟は、両親を同じくするDEFと、養親たるGのみを同じくするHIの5名。

HIはAさんにとって半血の兄弟となるから、相続分は次のとおり。

D・E・F :2/(2+2+2+1+1)

H・I   :1/(2+2+2+1+1)

参考:昭和32年06月27日民事甲1119 回答

 

 

 

先例を調べていて発見してしまったのが、この事例。

Aさんには、両親BCと、兄弟Dがいる。なお、Aさんには配偶者も子もいない。

平成28年4月Cが死亡した。

平成28年5月Bは、Eと再婚した。Eには子FGがいる。

平成28年6月、BはFGを養子とし、EはBCを養子とした。

平成28年7月、BおよびEが死亡した。

ここでAさんが死亡した場合、相続人とその法定相続分は?

 

まずAさんにとっては、両親BCを同じくする兄弟Dがいる。

つぎにBのみを同じ親とするFGがいる。

さらに養親Eのみを同じ親とするDFGがいる。

 

見つけてしまった先例とは、昭和31年03月08日民事甲322 回答のこと。

結論としては、DFGの相続分は均等という回答であるが、これって、

(1)照会元が根拠としてあげる「実父母であろうが養父母であろうが、いずれかの父・母が同じであれば『父母が同じ』(父母の組み合わせは問題にしない。)と考える。」に沿ったものなのか、

(2)資格重複の問題として処理したもの、なのか。

先例を見た際に、要旨だけ読んで(2)だと早合点してしまったのだが、(1)に沿った回答ということだろうか。

 

(早合点した誤った考え)

Dの資格重複(父母を同じくする兄弟であり養親を通じた兄弟)は認めず、FGの資格重複(父を同じくする兄弟であり養親を通じた兄弟)は認める。

つまり相続分計算の際の分母は「2(D)+1(甲の子C)+1(甲の子C)+1(丁の子F)+1(丁の子G)」となり、

Dについては「2/(2+1+1+1+1)」となり、

FGについては「(1+1)/(2+1+1+1+1)」となる。