読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

ふじのくにに住みかえる事業スタートから二ヶ月~移住相談の状況~(静岡県)

4月22日には有楽町に静岡県移住相談センターを静岡市と連携して設置。
実績として、県庁の担当のところに40件、東京の移住相談センターには50件の相談があったとのこと。

 

静岡県/くらし・環境部長トーク「移住事業スタートから2ヶ月_移住相談の状況」

 

相談者の年代別では、30代と40代が、それぞれ12人、16人、合計で28人と,担当者のコメントとしても「驚き」という感想が記載されていましたが,仰るとおり,意外ですね。既存のライフスタイルの柔軟度って,この年代が最も低いような気がするのですが,それだけ移住のニーズが高いということなのでしょうね。

移住を希望する動機として、自然環境や田舎暮らしが16件と割合は多いものの、地方都市に住みたいという選択肢も10件もあったということ。都会から「地方都市への移住」というのが,具体的にどのような狙いをもってのことなのかは明らかでありませんが,住環境等の基本的な生活コストを下げつつも,日用品等の買い物・消費娯楽などのソフトの部分は極力維持したいということでしょうか。