司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

市議会の公示・町議会の公示

何気なくニュースを聞いていると、町議会の公示のニュース。

市議会はもう少し前に公示がされていたよなと気になったので調べてみました。

 

まず見つけたのは「届出に関する規定」。

公職選挙法(昭和二十五年四月十五日法律第百号)

第百二十九条  選挙運動は、各選挙につき、それぞれ第八十六条第一項から第三項まで若しくは第八項の規定による候補者の届出、第八十六条の二第一項の規定による衆議院名簿の届出、第八十六条の三第一項の規定による参議院名簿の届出(同条第二項において準用する第八十六条の二第九項前段の規定による届出に係る候補者については、当該届出)又は第八十六条の四第一項、第二項、第五項、第六項若しくは第八項の規定による公職の候補者の届出のあつた日から当該選挙の期日の前日まででなければ、することができない。

 

長ったらしい条文ですが、第八十六条は「衆議院小選挙区選出議員の選挙」、第八十六条の二は「衆議院比例代表選出議員の選挙」、第八十六条の三は「参議院比例代表選出議員の選挙」、第八十六条の四の「衆議院議員又は参議院比例代表選出議員の選挙以外の選挙」に関する規定となっています。

ゆえに、市議会・町議会については第八十六条の四を見ることとなります。

 

公職選挙法(昭和二十五年四月十五日法律第百号)

第八十六条の四  公職の候補者(衆議院議員又は参議院比例代表選出議員の候補者を除く。以下この条において同じ。)となろうとする者は、当該選挙の期日の公示又は告示があつた日に、郵便等によることなく、文書でその旨を当該選挙長に届け出なければならない。

 

そして、上記条文の「期日の公示又は告示があった日」は次のように定められています。ちなみに「公示」とは衆議院議員の総選挙又は参議院議員通常選挙についておこなう天皇の国事行為であり、一方「告示」はその他の選挙を行う際に各選挙管理委員会がおこなうもので、どちらも「広く一般に知らしめること」を指します。

 

第三十三条  地方公共団体の議会の議員の任期満了に因る一般選挙又は長の任期満了に因る選挙は、その任期が終る日の前三十日以内に行う。

2(・・・)

3(・・・)

4(・・・)

5  第一項から第三項までの選挙の期日は、次の各号の区分により、告示しなければならない。

一  都道府県知事の選挙にあつては、少なくとも十七日前に

二  指定都市の長の選挙にあつては、少なくとも十四日前に

三  都道府県の議会の議員及び指定都市の議会の議員の選挙にあつては、少なくとも九日前に

四  指定都市以外の市の議会の議員及び長の選挙にあつては、少なくとも七日前に

五  町村の議会の議員及び長の選挙にあつては少なくとも五日前に

 

そのため、市町とも4月26日を選挙期日として、市議会については第三十三条5項4号により期日の7日前に、町議会については第三十三条5項5号により期日の5日前に告示されたということなんですね。
すっきりしました。