読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)

司法書士法人 貝原事務所(沼津市の司法書士)のブログです。業務に関連する話題はもちろん、それ以外の話題でも、関心を持った範囲で投稿してまいります。

本ブログに記載する情報(とくに法律・登記関係)の利用については、あくまで参考としてご活用ください。
弊所が情報の完全性を保証するものではありませんのでご留意ください。

 

新設住宅着工統計(平成27年2月静岡県)

平成27年4月6日に静岡県の新設住宅着工統計(平成27年2月)が発表されています。

静岡県/新設住宅着工統計

 

用語の定義は次のリンクで紹介されています。

http://www.pref.shizuoka.jp/kenmin/km-310a/stat/documents/yogonoteigi.pdf

 

対前年同月比で△16.0%となっています。

持家が対前年同月比11.7%減少(実績959戸)しています。分譲住宅が対前年同月比96.0%増加(実績292戸)しています。なお
持家とは「建築主が自分で居住する目的で建築するもの。 」であり、分譲住宅とは「建て売り又は分譲の目的で建築するもの。」です。分譲住宅にはマンションも含まれます。

一方で、貸家が対前年同月比40.6%減少(実績515戸)しています。なお貸家とは「建築主が賃貸する目的で建築するもの。」です。
全体として減少となったのは貸家が減少した影響が大きいということでしょうか。

 

さらに詳細な資料があるのですが、減少率では東部が一番少ないんですね。あまりマクロ的に数字を見たことがなかったので、今後も定期的にチェックしていきたいなと思いました。